美術2

f0186527_20443748.jpg




あの絵を、恥ずかしくもなく公開してしまう私は、
実は小学生の頃、美術5だった!!(しつこい;;)

今は面影がないのだが、小学校の頃は、とにかく見たものを細かくじっくりと描く
そんな子供だった。

細かく描いて、見たままの色に塗って、それで認められた時代があった。

それから時が経ち、小6の頃
とある課題で、見たものではなく、大小の球体を配置しグラデーションを付けて描くことを試みた。
その絵が展示されて、その年も(その年もやで!!)美術5だった。

中学に入り、なにかが変わり始めた。
人物の顔の絵の課題に、ドラゴンの顔の絵を描いたり、お題を湾曲して解釈した絵を描き始める。

そしてさらに時は経ち、私は高校に行く。
その頃から、私はどうしようもなく天の邪鬼になっていく。
見たままの色で塗るのが嫌になっていく。
人物画を描く課題で、私は見たままの色で塗ることを辞めた。

美術が2になった。。。
地味にショックだった(笑
ただ、そのときは自分でも、自分が描いた絵を綺麗と思っていなかった。

そうして今がある。
私が、今見たままの色だけを求めなくなったのは
そういう歴史からくるものなのだろうかと、そう感じた。

今の色は、そのときに感じていた違和感とはなにかが違い、不思議と心地よい。
それがとても常識とはかけ離れた感情なのだと思いながらも、そう感じてしまう自分がいる。

私が赤外線カラー写真にのめり込むようになったのは
たぶん、そういう事なのだろうと思って書き込んでみる。

[PR]
Commented by purebliss at 2017-06-20 13:17
私はず〜っと美術は3でした^^;
絵は どうも苦手、犬が犬に見えない(笑)

高校最後の時、自画像を描き、それをパズルのようにカット。
パーツを色んな場所に移動し 元の大きさに戻すっていう
わけわからん授業があったんです。
目が とんでもない場所にあったり、鼻が 逆さまになってたり・・
そんな絵に限って 私は満点を取ったんです
自分の顔を切り刻んだのに・・・^^;
自画像を書くというより、デザインの勉強だったのかもしれないけど・・・

そういう変な物が 好きだったな・・・なんて
思い出しました(笑)

いいなぁ、美術5!

Commented by thanks_hokkaido at 2017-06-20 20:59
★ ピュワさん
こんばんは(^^

ピュワさんの話を聞いて、なにかピンとくるものがありました。
写真が上手な人は、絵が得意とか不得意とかそういうことではなく。
目に映るものを配置する能力に長けているのだと。

あぁ・・なんで美術の授業で写真撮影がないのだろう?
なんで絵とか造形があるのに、写真だけがないのだろう!?

写真の授業があればピュワさん絶対5なのにぃ!!

クレパスや絵の具を買うお金があるなら
写るんですで写真の授業をやってほしい!!
Commented by kirin_1117 at 2017-06-21 13:28
分かりますよ~!
おおじろうさんのあの書を見れば~っ♪*^^*
でも、おおじろうさんのお話を聞いて、絵の評価を人がするってどんなもんなんでしょうね。
図工はさておき、絵は…。
苦手意識?のような固定観念がその後も残りそうなものですしね。教育とはそういうもんじゃないでしょう…

例の件、着々と進めています!本当は、今日にでも…と考えていたのですが、調合したばかりの現像液は24時間寝かせないといけないだとか…また時間を見つけて次こそ試みますね。
上手くいったら見てやってください。
Commented by thanks_hokkaido at 2017-06-22 21:59
★ きりんさん
こんばんは(^^

書・・・(汗汗;;;。あの秘伝の書を先生に見られたら
美術2、、、以前に道徳1やねと評価されるに違いない(゚∀゚;)ピョーン


ちょうど今、どうやっただろうかと心配してました。
順調に進めてはるようで、一安心(^^
無駄な心配やったなぁと安堵と喜びに浸ってます。
もちろん楽しみにしてますよ。
これから始まる楽しい現像ライフを!!
by thanks_hokkaido | 2017-06-19 21:47 | EFM 18-150 @720nm | Comments(4)