Kyoto_03

f0186527_14572305.jpg




カラー赤外をやっていると、白の定義についていろいろと考えるようになる。

白はR:G:Bで255:255:255になるのだが、
モノクロ変換した写真の白と、R→G変換した写真の白(上写真)
どちらがより白かと問われたら、R→G変換した写真と答えるだろう。

R→G変換した写真の方が色情報が残っているので
むしろ白から遠いはずである。

人間は、あくまでも脳が変換した色を見ている。
だから、周囲の色に影響されることは、至って自然なことだ。

カメラに例えたら、ホワイトバランスもISO感度も自動調整してくれる。
ましてや、多重露光もレタッチもお手の物だ。(言うこと聞かないことも多々あるが)

そんな性能いいのだか悪いのだかわからない画像エンジンを搭載した人間相手に
馬鹿正直なカメラが「この色が本物だ!」と挑むわけだから
カメラさんも、さぞかしお疲れなことでしょう。

いつも苦労かけてごめんね、カメラさん。
これからも、馬鹿な主人をよろしくね。

[PR]
by thanks_hokkaido | 2016-01-04 15:24 | NKR 16-85 @720nm | Comments(0)