Amagasaki_11

f0186527_21470045.jpg




カラー赤外用に選んだカメラ。D90。
たいへん重たいのです。
なぜにこんなにも重たいカメラを選んだのかと問われると
ニコンブランド、ただそれだけ。
いつまでもなくなることのないブランドだから、
赤外改造してくれる業者がいるから、その程度のことだ。
想像以上の明瞭感にやみつきになってはいるのだが、さほど愛着を持っている訳ではない。
しかし、ずっと使っていきたい気持ちはある。
RAWで撮影するということはそういうことだと思っている。
カメラなんて所詮道具にすぎないと思ってしまう。
しかし、E-300との色の違いには苦戦している。

カラー可視スナップ、モノクロ可視スナップではそうはいかない。
カラー可視では、パナのGX1をいつも使う。
Jpegの色が好きだから、比較的コンパクトだから。
そんな理由でだ。
モノクロスナップではIXY L2をいつも使っていた。
ただ単純にコンパクトで機動性が高く、そこそこ綺麗に写るから。
これが結構重要なことであることは、とにかく沢山のスナップ写真を撮りたい病にかかっている人たちには解ってもらえると思っているのだが。
スナップ、特に人物を撮る人には、機動性ほど重要なことはない。
一秒の誤差で善し悪しがガラッと変わるからだ。

今のカメラでは、じっくり撮ることとはどういうものなのかを学んでいる。
それでも最後にはカラー可視に落ち着くのだろう。
あぁ~嫌だな、そんな写真人生。いつまでも尖った写真を撮り続けたい。
いや、でもそんな写真人生も良いのかも。
なにかが美しく写っていればそれだけで満足な、そんな写真人生もありかも。
そんなことを考えるのは、それだけ歳くったのだろうか。


[PR]
by thanks_hokkaido | 2016-02-20 22:36 | NKR 16-85 @720nm | Comments(0)