人の目

f0186527_22572517.jpg




標準レンズが50mmといわれているが
デジ一が当たり前になった今
何がどう標準なのだろうと思うことが多くなったのではないかと思うことがある
フィルム一眼を使っていた頃は、50mmレンズを付けると
ファインダーで覗いた風景と目で見る風景が同じぐらいの大きさで見えたものだが
今ではファインダーの画像も小さくなって
ファインダーを覗くことも少なくなり、ライブビューで見ることが多くなり
標準ってなんだと思うことも多くなった
人間の目の視野角言うと120度になり、35mm換算で言うと10mm近くになるのだが
10mmというと超超広角レンズになる
もちろん湾曲した不自然な写真になるのだが
人間はそれでも自然に見ているように感じている
そう思うと人間の脳の補正能力って本当にすごいとそう感じる

[PR]
by thanks_hokkaido | 2018-05-13 23:18 | NKR 16-85 @720nm | Comments(0)